ホーム

2014年5月4日日曜日

1年11ヶ月+3日目 湿度が低い

うちには魚とうさぎがいて、
どちらも高温に弱いので、
涼しい外の空気をなるべく部屋に入れたいけれど、
そうすると今度は湿度が一気に下がってしまって困る




今日もちょっと外の空気を部屋に取り入れたら、
気をぬいているうちに湿度が33%まで下がってしまった

慌てて加湿器のスイッチを入れて湿度を上げる
何時間か経って40%まで回復した

以下 4ヶ月30日目のエントリーより抜粋

△湿度60%以上・・フレット、弦、ペグの変色、腐食化。トップ板、木材が膨張しはじめる。
◎湿度50%・・ギターにとってベストコンディション。
△湿度40%・・木材、金属に微小の変化をもたらす。
▲湿度35%・・乾燥によるトップ板の縮小、ウェザーチェック(塗装部分のヒビ)が出来始める。
▲湿度30%・・ギター本体、内部にひび割れが出始める。フレットの端が尖り始める。
×湿度25%・・多くのギターにひび割れが出始める。

すぐに割れたりする事は無いだろうけど怖い
外に持って行くと湿度20%なんて一瞬だし

換気の為にギターをケースにしまって、
終わってから加湿器で湿度を上げてギターを出す、
とか本当に面倒だからやりたくないなぁ




今日もメトロノームを使って練習
セロリ、抱きしめたいはいい加減録音出来るくらいのクオリティになって欲しい
他に何故か、バッコミ、fatmama、トレモロ降る夜は反復練習で手を慣れさせる




カラオケ作りはドラム、ベースを最後まで作り終えた
明日キーボードを入れてもうちょっと形にする
ライン録音でアコギを録ってみたら、
音が良くない、リズムズレも酷くてごっそり凹んだw
思ってた通りだったのでダメージは少なかったけど、
これどうやって完成まで持って行こうか
間に合わなくて音源出せないかもしれない




にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ





0 件のコメント:

コメントを投稿